人は


20代の頃にはまった、もう一つの草彅ドラマ、「僕の生きる道」。主人公の中村秀雄は、真面目を絵に描いたような高校教諭。健康診断で、突如、余命一年と宣告されます。その一年、秀雄は変貌も遂げていきます。憧れだった、同僚のみどり先生に、以前はほぼ相手にされませんでしたが、急にみどり先生との関係も深まっていきます。ある日、秀雄は、みどり先生と並びながら、しみじみと話し始めます。

「余命を宣告されて、僕はしばらく、めちゃくちゃなことをしました。それまで、真面目に仕事をして、貯金をして、健康に気をつけていたのに。僕は、真面目に生きてきた自分を後悔したんです。でも、今では、そうやって生きてきた自分がとても愛おしく思えるんです。」


心が苦しくなって病院を頼るなら、精神科。私が高校時代に繰り返し読んだ、精神科医でもあるなだいなだの一冊に、次のような一節がありました。

「人間は非人間的なものである。だからこそ、人間は自分のしたこと全てに責任をもたなくてはならない。」

昔は、この言葉が厳しく感じられたような気がします。でも、今は、この言葉に寛容さも強く感じます。


人間に勝るのかと、昨今、あちらこちらで目につくようになってきた人工知能AI。いわゆるハイテクの機械類に疎い私は、見かける度に、何?ただ、どうも、情報を吸収して蓄積させつつ、判断能力があるものらしい、くらいにわかってきました。


AIの失敗を挙げるなら、バッテリー切れと何かの誤認識くらいでしょうか。やっぱりかなり以前に読んだ新聞記事で、内海桂子師匠が

「最近の人は芸がない」

と言っていました。私には、人間のしでかす失敗の方が、とんでもなくて困ったもののように思えます。でも、失敗し、思い悩んだようなときにも、人間には、人間ならではの芸もある。そんなことも心に留めながら、果敢にも生きていけたらと、折々、考えています。